食洗器の設置工事について知っておきたいこと

家族がいる家庭では、食事に使う食器の量も多くなるため、食器洗いが大変だと感じている人も多いでしょう。

そこで、食洗器の購入を検討している家庭も多いかもしれませんが、食洗器には設置工事が必要になります。ここでは食洗器の設置工事はどのようなものか、自分で行うことが出来るのか、そして業者へ依頼する場合の料金などについて紹介します。


食洗器には設置工事が必要

食洗器というのは、一般的な家電製品のように電源コードを差せばそのまま使えるというものではなく、設置工事が必要になります。なぜ設置工事が必要なのかというと、食洗器は水を使う機器だからであり、水を取り込む給水と、使った水を流す排水のための工事が基本的に必要になるからです。

また、食洗器のタイプによっては、設置に際して、キッチンの設備そのものに手を加えるような工事も必要になります。そのため、食洗器は設置工事の手間や費用を考慮した上で購入することが重要になります。

以上のような理由から、食洗器の購入は、一般的な家電製品と比べると多少ハードルが高いと言えますし、取り付けに躊躇している人も多いかもしれません。

しかし、食洗器の取り付けには大きなメリットもあるのです。どんなメリットがあるのかというと、それは何といっても、一度に多くの食器が洗えるということです。手洗いだと、食器を一つ一つ洗う必要がありますし、その量が多いと結構な時間がかかってしまいます。

その点、食洗器であれば、食器を機械の中に並べて入れれば、後は機械がキレイに洗ってくれるため、作業が大幅に楽になるでしょう。そして食洗器は、手洗いする場合よりも少ない量の水で済むというメリットもあります。

ですので、水道代を節約したいという人にもおすすめです。

食洗器には2つのタイプがある

食洗器と一口に言っても、実は大きく分けて2つのタイプが存在します。そしてタイプによって設置工事の内容や、設置可能かどうかということが変わってくるため、まずはどんなタイプがあるのかを知っておく必要があるでしょう。

1つ目に挙げられるのは「ビルトインタイプ」と呼ばれるものであり、シンクの下などのキッチン設備に直接設置するタイプになります。このビルトインタイプは、引き出しのような構造になっており、給排水管や電源コードが直接見えないようになっているため、見た目がとてもスッキリしているのが大きな特徴です。

そしてこのビルトインタイプは、家を新築したりリフォームする時に設置する場合が多く、食洗器の中で主流のタイプになります。もう一つの食洗器のタイプは「卓上タイプ」と呼ばれているものであり、文字通りキッチン台などにそのまま置いて使うものになります。

この卓上タイプは、小さいものでも40~50cm程度の大きさがあるため、スペースの確保が必要になるという特徴があります。そして給排水管や電源コードが直接見えてしまう状態になる、ということもあらかじめ知っておいた方がよいでしょう。

しかし卓上タイプであっても、スペースの確保や見た目の問題は、工夫次第で解決出来る場合もあるということも同時に言えます。さらに卓上タイプは、キッチンにスペースさえあれば設置出来るため、さまざまな事情からビルトインタイプが設置できない場合でも設置出来るというメリットがあります。

食洗器の設置工事は自分でも行える

食洗器の設置工事は、一般的には専門業者へ依頼して行うものですが、必要な道具などがあれば自分で行うことも可能です。基本的には、給水と排水のホースをそれぞれ設置するというものであり、作業内容自体はそれほど複雑なものではありません。

卓上タイプにおける設置工事の工程を簡単に説明すると、まず水道の元栓を閉めたら、水道のレバーなどを外し、水を食洗器に分岐させるための部品である分岐栓を取り付けます。そして水道のレバーなどを元に戻したら、分岐栓に食洗器の給水ホースをつないで、排水ホースをシンクに固定すれば完了です。

なので、こうした作業に自信があるという場合は、食洗器だけを購入して、後の設置工事は自分で行うのもよいと言えるでしょう。ただし、実際に設置を行う場合は、蛇口の種類と分岐栓が適合する必要があるため、あらかじめその点を十分確認した上で設置工事を行う必要があります。

蛇口の種類については、蛇口のわきなどにメーカーのマークや品番が記載されていることが多いので、それを見て確認することが可能です。あるいは、品番等がよく分からないのであればメーカーなどに直接問い合わせてみるのもよいでしょう。

また、ビルトインタイプについては、シンクの下などの、キッチン設備自体を改造するような工事になるため、素人が自分で行うにはハードルが高いと言えます。

専門業者へ依頼するとスピーディーで確実

食洗器の設置工事は自分で行うことも可能ですが、取り付け作業には案外力が必要で、失敗のリスクもあります。何とか自分で作業が出来たとしても、後で水漏れなどが起こると、二度手間になりますし、結局、業者を呼ぶ羽目になるという場合もあるでしょう。

そのため、設置工事を自分で行うのは自信がないという場合は、無理をせずに専門業者へ依頼したほうが無難です。

専門業者へ依頼すると、もちろん料金がかかりますが、自分で設置作業をするより早く済みますし、何より失敗するリスクがなく確実に設置出来るというメリットがあります。食洗器の設置工事を専門業者へ依頼する際に、一番気になるのは料金がいくらぐらいかかるのかということでしょう。

まず設置工事の料金は、食洗器のタイプによって異なります。料金相場は、卓上タイプは8000円~1万2000円程度とされていますが、ビルトインタイプはキッチン設備の改造を含む場合もあるため8000円~2万円程度と、多少高くなります。

食洗器の選び方と食洗器では洗えないもの

賃貸でも食洗器の設置は可能

賃貸の部屋に住んでいる場合は、入居者自身が新たに設備を追加するのは難しい場合があります。なぜなら、設備の追加には大家さんの許可が必要ですし、場合によっては断られることもあるからです。食洗器の場合も、大掛かりな工事になるケースでは大家さんの許可を取るのが難しいこともあるでしょう。

しかし、先ほど紹介した卓上タイプであれば、比較的簡単な設置工事で済むため、キッチン設備の改造が必要なビルトインタイプと比べれば、大家さんに許可してもらえる場合が多いと言えます。賃貸だから食洗器の設置は無理だとあきらめずに、前向きに検討してみましょう。

食洗機はこんなに便利!知っておきたい食洗機のメリット!